年齢を重ねるとアラキドン酸は不足する

既に中年期に差し掛かっている人は若い頃の自分と体力や身体の反応が異なることに気付いているのではないでしょうか。
中年期以降、脳から体のあちこちへ発信される神経への伝達スピードは、次第に遅れるようになります。
反射神経が鈍ってくる感覚を体感している人も多いでしょう。
このような神経の鈍化はどうして起こるのでしょうか。

それは、「アラキドン酸」の不足が原因です。
ご存知の通りアラキドン酸は人間の体で合成することはできません。
外部から動物性の食べ物を利用して補うしかありません

しかし、これ以上アラキドン酸が含まれる肉や魚を食べると、健康面が心配な場合はどうするべきでしょうか。
食品以外の方法も近年急速に発達してきています。
神経の鈍化を招かないように、赤ちゃんへは粉ミルクがあります。

そして大人には「サプリメント」があります。
現在不飽和脂肪酸をもっと積極的に補うべきという医療現場の研究結果が出てきています。
大人は粉ミルクを飲むわけにはいきませんから、食事の代わりにサプリメントがあるのです。
この方法なら、ベジタリアンでなるべく肉や魚類を取りたくない方でも、神経の鈍化を招く恐れがありません。
サプリメントはドラッグストアでたくさん販売されているので非常に手軽です。