母乳とアラキドン酸

健やかな脳の発達を促す成分として、多くのママに注目を集めている成分があります。
それは「アラキドン酸」です。
多くの育児系雑誌にも特集されているアラキドン酸は、脳の成長に関わっています。
そして心や身体など人間を形成するうえでもとても大切です。

ではどうして大切なのでしょうか。
脳の発達はすなわち頭がよくなることを意味しています。
頭が良くなると言えば、アラキドン酸よりも先にDHAが広く知られています。
魚の特に脂の部分に含まれており、粉ミルクなどにも含まれています。
赤ちゃんの離乳食用パウチにも配合されることもあるのです。
脳の発達にはもちろんこのDHAが不可欠なのですが、もう1つ重要な脂質がクローズアップされるようになりました。

それこそがアラキドン酸です。
こちらも魚や肉などの動物性の食べ物に含まれる成分で、記憶力の向上に強い成分です。
しかし赤ちゃんは肉も魚もまだまだ食べられません。

ですが脳の成長は胎内にいるときから始まっていきます。
胎内にいるときは胎盤から栄養が移行しますが、産後はそうはいきません。
そこで母乳が大切なのです。
ママがたくさん栄養豊富な食事を食べることで、良質なアラキドン酸が母乳の中に生まれます。
赤ちゃんは母乳をたっぷり飲むことで、滞りなくアラキドン酸を得られるのです。